なみへぇ×旅=『たびへぇ』ブログ

元CAで旅行好きな筆者がお届けする旅ブログ・現在イギリスにてボランティア活動中

ペルー女一人旅~治安は大丈夫?!安全に海外旅行をする5つの注意点~

こんちには!

 

ペルー旅行の続きを書く前に1つ「女一人旅の安全性」についての記事を挟みたいと思います。

 

私がこれまでに一人旅で訪れたのは

オーストラリア(シドニー)、トルコ、イタリア、アメリカ(グランドキャニオン・ラスベガス)、ペルーの5か国です。

幸運にも危ない目にあったり、事件に巻き込まれたりしたことは1度もないです。

それなりに自分自身でも注意して旅行しています。

 

今回のペルー旅行は、クスコやマチュピチュなど観光地にしか行かなかったこともあり、設備が整っていて、観光客も多く、特に危ないと感じることはありませんでした。

 

友達と旅行に行けたら、それは良いのですが社会人になるとなかなか休みが合わないんですよね。泣

でもせっかくの長期休暇、海外旅行に行きたい!一度マチュピチュに行ってみたい!!

正直南米は、スペイン語圏で英語も通じないし、治安も心配だし、高山病になったら一人で辛い思いをしなきゃいけなくなるかも、、、と不安要素も多々ありましたが、せっかく行ける機会が今あるのなら、行っておこうと決意致しました。

 

行くと決めたら早速下調べ、現地ツアーに1人で参加しようかなとも考えましたが、、、やっぱりガイドさんが付くと劇的に値段が跳ね上がる!泣

自由気ままに旅をしたいタイプだし、自分のペースで進められないツアーの方が高山病になりやすいという情報も。

ってことで、いつも通り自分でプランして日程を立てることにしました。

 

 

まずは情報収集のため「るるぶ」を購入。

私は旅行の時はだいたい「るるぶ」か「まっぷる」を買います。

この2つは毎年更新されているので情報も新しいし、おしゃれ女子旅みたいな本より、ちゃんと情報が詰まっているから、好んで買っています。

 

あとは目的地までの交通手段などは、他の方のブログを拝見させていただいています。ガイドブックには大まかにしか書いていない情報も細かく写真付きで説明されていたりするので、とても参考になります。(私のブログを参考にしてくれてもいいんだよ。(-∀-) 笑)

 

では私がやっている女一人でも安全に海外旅行をするコツを紹介していきますね。

 

その1 渡航先の安全情報を外務省ホームページで確認

お、いきなり真面目。って感じでしょ。

でも特に中東やアフリカ等に行かれる方には見て欲しいです。

レベルが0~4まであって、トルコやペルーも地域によっては「レベル4:避難勧告」「レベル3:渡航中止勧告」の所もあります。知識がないことは一番危険に繋がりますからね。情報収集や渡航先選びは重要です。

あと私はいつも出発前に「たびレジ」に登録しています。旅行先の安全情報や緊急時の情報がメールで送られて来ます。いざという時の連絡手段にもなります。備えあれば憂いなし。意外と知らない人が多いですが、活用して頂きたいです。

あとは旅行中は家族や友達、恋人など誰でもいいので連絡を取ったり、SNSをアップしたりするだけでも、周りは安心しますし、自分の生存報告にもなります。

 

外務省 海外安全ホームページ

 

その2 ホテルはなるべく中心地から近く

ホテル選び、とっても重要です。

夕飯を食べ終わって外に出てみたら、あれ、もう真っ暗!?

季節によっては日が沈むのも早いですしね、こんな時に1人で暗い夜道を歩くのは、なんだか怖い。

そんな時中心地の近くなら、人通りも多いですし、暗い道を長々と歩かなくて済みます。

ペルーの場合、物価が安いので中心地でも安く泊まれますよ。

私はホテルを探すときはTrip AdviserやBooking.comなどで必ず口コミを見ます。特に日本人の口コミが書いてあるところは「部屋が綺麗」と思う感覚もだいだい一緒だし、信頼できるかなと思います。

また、地図検索機能を使えば大通り沿いにあるのか、中心地から離れているのすぐわかるので簡単ですよ。

 

その3 夜道は一人で歩かない

鉄板かもしれませんがこれは絶対です。

どうしても空港に着くのが夜ということもあるかもしれませんが、事前にホテルの送迎サービスを頼んでおいたり、タクシーを使うようにしてください。

『安全 〉お金』これだけはお忘れなく!

 

その4 高価なものは身に着けない。鞄はチャックが付いている斜めかけがベスト

ブランド品を身につけている旅行客なんて恰好の的、あと露出度が高い服装もやめてください。よく日本人男性がやってる後ろポケットに財布(or携帯)、これも盗んでくださいって言ってるようなものですね。ちゃんとチャック付きの鞄にしまいましょう。

リュックも便利なのですが、カッターで鞄を切り裂かれて財布を盗まれるってこともあるようなので、貴重品は別の小さな鞄に入れておく方が良いでしょうね。

よく日本では席取りのために鞄を置いて注文にいったりしますが、海外では有り得ません。こんな状態で鞄を取られても自己責任です。

っと、まあ例を挙げだしたらキリがないのでこの辺で。

とにかく旅行中は利便性重視の服装の方がいいですよ。女性たるものTPOをわきまえてこそのオシャレです。私は現地でポンチョや帽子を買って楽しんでいました。

 

 

その5 貴重品は一カ所にまとめない

クレジットカードや現金を全て財布にまとめてしまうなんてナンセンス。

財布にはその日1日分の現金を入れておけばOKです。あとは別の場所にしまいましょう。もう一つの鞄やホテルの金庫(安全そうなら)に入れる、首や腰から下げて服の下に隠すような袋(参考:下のリンク)も売っていますし、ブラの中に入れてるっていう友人もいましたよ。これが一番最強かも(笑)

むしろヨーロッパやアメリカは、ほとんどクレジットカードで支払いができるので、現金を多く持ち歩く必要はありません。私はドリンク1杯でもカードで払っていますよ。現金を多く持ち歩くなんて危ないし、両替手数料を考えると現金よりクレジットカードで支払った方がお得です。

 さて、ここまで色々と書いてきましたが、無茶な行動はせず、きちんと気を付けていれば一人でも安全に旅をすることはできます危ない場所には行かないこと!これが大切ですね。

 

皆さんにも、旅を楽しんで頂きたくて今回はこのようなブログを書いてみました!

 

次回からはまたペルー旅行の続きを書いていきます^^

 

筆者のおすすめ旅行本