なみへぇ×旅=『たびへぇ』ブログ

元CAで旅行好きな筆者がお届けする旅ブログ・現在イギリスにてボランティア活動中

ペルー女一人旅~マチュピチュ村からクスコの移動、Google mapのダウンロード方法~

\FOLLOW ME!!/

目次

  

マチュピチュ村の朝の様子

ペルーに着いてから3日目

前日は雨が少し降りましたが、起きると綺麗な晴天でした。

f:id:tabihey:20171225195409j:plain

 

お昼の電車までの空き時間、マチュピチュ村を写真を撮りながらふらふら歩きました。

 

f:id:tabihey:20171224144242j:plain

村の中は坂道が多いんですが、村人たちはこんなリヤカーをジグザグに動かしながら坂を上っていました。これは重そう、、!

 

 

f:id:tabihey:20171224144300j:plain

ゴミ箱はなぜかカエル型でした。可愛い

オリャンタイタンボは確かトラの形をしていました。

 

 

f:id:tabihey:20171224150443j:plain

公園にも、道端にも、お土産屋さんの前にも犬!

 

f:id:tabihey:20171224144310j:plain

最後にこの車の置物を1つ買いました。

気に入ったピアスもこの時買って置けばよかったな~。クスコで同じデザインの物見つからなかった、、。悲

 

 

ペルーレイルでオリャンタイタンボまで

電車は、行きと同じくビスタドームで、マチュピチュ村~オリャンタイタンボまで乗っていきました。

電車に乗ると、なんとびっくり一番前の車両の最前列!

走る方向の風景が全て見える特等席でした!

チケット取ってくれたクスコ空港のお姉さんに感謝!!!

f:id:tabihey:20171224152958j:plain

f:id:tabihey:20171224160921j:plain

隣は操縦室。無防備(笑)

 

帰りは、トマトとバジルを使ったイタリアンサンドウィッチでした。

行きと違うメニューで嬉しい。

f:id:tabihey:20171224144431j:plain

 

乗っていると電車がちょくちょく止まるんですが、係員の人が降りて手動で線路の方向を変えていました。1番前だからよく見えて面白かったです。

f:id:tabihey:20171224160929j:plain

向きを変えて

f:id:tabihey:20171224160940j:plain

向こうでも何か操作して

f:id:tabihey:20171224160945j:plain

戻って来たと同時に、反対側から電車が。

 

途中で鬼みたいな仮面をした人のダンスや乗務員さんによるファッションショーも始まって、エンターテイニングな電車旅でした。

ショーは帰りの列車のみで行われるみたいです。

 

f:id:tabihey:20171224163244j:plain

↑ダンス(写真はPeru railのHPより)

↓ファッションショーはこんな感じ

f:id:tabihey:20171224164109j:plain

私の車両のお客さんはあまりノリが良くなかった(笑)

私個人はすごく楽しんでましたけどね!

 

 

オリャンタイタンボ~クスコ タクシー移動

そして、オリャンタイタンボに着くと

タクシーやミニバスの運転手が、駅から出てくる乗客に声をかけまくって、人集めをしているので、私もそれに乗っかって、乗り合いタクシーでクスコまで帰りました。

値段はいくらか忘れてしまいましたが、交渉して行きと同じ値段にしてもらいました。(最初は少し高めに言ってくる)

 

途中で手動の信号機をしている警察?を見かけて面白かったです。

こんな仕事が成り立つんだ(笑)

f:id:tabihey:20171224165437j:plain
f:id:tabihey:20171224165426j:plain

T字路で車を誘導して、このパネルをクルッとひっくり返す仕事。

 

 

そうそうオリャンタンタイボを出てすぐの所に、よくテレビでやってる全面ガラス張りで崖にぶら下がっているホテルがあります。タクシーの中から見えました。

↓これ Skylodge Adventure Suites

youtu.be

 

怖そうだけど、楽しそう!…でもやっぱ怖そう!!!

宿泊だけでなく、ランチだけこちらで食べるというプランもあるそうなので気になる方は是非(笑) 予約が取れるかはわかりませんが!

 

 

 迷子になっても大丈夫Google Mapオフラインの活躍

タクシーではついつい寝てしまい、クスコに着くと全員一斉に降ろされ

寝ぼけていた私は「ここはどこだ」状態。(-_-)

 

で!そんな時活躍するのがGoogle map!!

ふっふっふ、こんなときのために地図をダウンロードしておいたのである。

 

予めネットがつながる状況でマップをダウンロードしておくと、オフラインの状態でも自分の位置情報が確認できるます。(オフラインでもGPSは作動)

 

調べてみるとサン・フランシスコ広場という所にいることが分かったので、歩いてホテルまで向かいました。

や、自分の現在地が簡単に知れて本当に便利!今の時代に生まれて良かった~~。

 

皆さんももしこの機能使ってなかったら、是非活用してください

 

Google mapのダウンロード方法

iPhoneでの方法になりますが、

予めネットが使える状態の時に、いつも通り場所検索をします。

f:id:tabihey:20171225161227j:plain

①〔…〕の部分をタップして

②「オフラインマップをダウンロード」を選択

f:id:tabihey:20171225161223j:plain

あとは範囲を選択してダウンロードするだけ!

これでクスコの街ごとダウンロードできちゃいます!

機内モードでも地図が見れて便利!

 

いちいち鞄からガイドブックを出して、地図を開いて~ってやらなくても済むので、現地人感も出せていいですよね!(笑)

本当にこの機能重宝しています。

 

 

クスコでのホテル

この日のホテルは中心地のアルマス広場から徒歩5分程の所を予約しました。

La Posada del Viajero

 

インテリアに使っている生地の柄が可愛くて完全に私のツボでした。

f:id:tabihey:20171224144411j:plain
f:id:tabihey:20171224144402j:plain

玄関には人形、ロビーにはフリードリンクでコーヒーやお茶が用意されていました。

ここでわたしはコカ茶初体験

南米でよく飲まれていて高山病の症状を和らげるといわれています。が、日本への持ち込みは禁止です。なぜならコカインの葉っぱだから!

といってもコカの葉自体には依存性等はないのでご安心ください。

味はただの葉っぱのお湯でした(笑)

わたしの飲み方がいけなかったのかも。

 

f:id:tabihey:20171224144343j:plain
f:id:tabihey:20171224144350j:plain

中庭のようなところの家具もオシャレ!

 

f:id:tabihey:20171225163959j:plain
f:id:tabihey:20171224144335j:plain

お部屋はこの手作り感満載の部屋番号とベッドの記事が可愛かった。

ベッドが2つある時は、いつもの1つ荷物置きになります。笑

 

15時過ぎに宿に着き、まず洗濯をし、そして街に繰り出しました。

 

 

クスコの街の様子はまた次回のブログで!

 

つづく。

 

↓このホテルの予約はこちらから

La Posada del Viajero