なみへぇ×旅=『たびへぇ』ブログ

元CAで旅行好きな筆者がお届けする旅ブログ

イタリア女一人旅~水の都ヴェネツィアを1日観光して気づいた発見&お役立ち情報

\FOLLOW ME!!@73pey_journey

「水の都」とも呼ばれているヴェネツィア

街のどこを切り取っても、絵に描いたような風景が広がっています。

離島のため、イタリア本土とは橋で繋がっています。街中は車も通れず、運河が道代わり。自転車も乗れないので、移動手段は船か徒歩のみ!

 

実際に行ってみると、美しい風景とは裏腹に少し不便な面も?!

 

今日はそんなヴェネツィアの旅をレポートします!

 

 

朝10時

フィレンツェにいた私は電車でヴェネツィアに向かいました。

 f:id:tabihey:20180410235222j:plain

朝食に食べたカスタード入りクロワッサン

 

そして電車に乗ること2時間。

最後に海の上に架かる長い橋を渡ってVenezia Santa Lucia駅に到着。

駅を出ると、もうすぐ目の前に「水の都」の風景が…!

f:id:tabihey:20180411005511j:plain

「わ~~!ディズニーシーみたい!!!(*'▽')」

っていうのが私の初めてベネツィアに着いた感想。

どちらかと言えばDisney Seaの方がべネツィアを真似してるんですけどね。笑

すっかりその景色に圧倒され、心はディズニーに来たようなウキウキ気分♪

 

 

ヴェネツィアで泊まったホテル

まず邪魔になる大きなスーツケースを置きにホテルへ向かいました。

ホテルは駅から徒歩4分程でいけるAMADEUS HOTELという所。

まだ時間が早かったので、荷物だけ先に預かってもらい、夕方再びチェックインしました。

f:id:tabihey:20180411012925j:plain
f:id:tabihey:20180411012936j:plain

クリーム色の建物が目印

 

フロントは昔ながらの鍵を預ける形式

フロントスタッフはいつも紳士に対応してくれました。

f:id:tabihey:20180411012957j:plain

 

朝はビュッフェスタイルの朝食つき

f:id:tabihey:20180411013100j:plain
f:id:tabihey:20180411013213j:plain

さすがイタリア、コーヒーマシーンも種類がたくさんあってハイテク。

 

ヴェネツィア内はフェリーで移動するので、他のホテルだと大きなスーツケースを持ったままそのフェリーに乗り込まなくてはなりません。

こちらのホテルは、駅からすぐ徒歩で行けるので、その手間が省けてとても便利でした。

 

スタッフの対応も良く、とても快適なホテルでした(^^)

Hotel Amadeus ←ホテルの詳細はこちら

 

 

ヴェネツィアの宅配事情

f:id:tabihey:20180411020713j:plain

こちらは朝の郵便配達の様子

船にいっぱい荷物を積んで2人がかりで運んでいます。

「そうか、車がないヴェネツィアは宅配も船でするんだ!( ゚Д゚)」

新しい世界を垣間見て少し衝撃を受けました。

 

……それにしても、ここに住んでいる人は不便と感じないのかな?

 

 

リアルト橋

24時間有効の水上バスチケットを買ってまず最初に向かったのはリアルト橋。

ヴェネツィアのシンボルにもなっている白いアーチ型の橋

 

…なんですが、この時は残念ながら工事中でした。

f:id:tabihey:20180412152751j:plain

工事を隠す覆いもDIESELの宣伝の垂れ幕が掛かっていて雰囲気がぶち壊しです。笑

旅行したのは2016年の話なので、もう工事も終わっているみたいですよ!

 

付近の風景はこんな感じです。

f:id:tabihey:20180412153244j:plain

あ~~絵になる~~♡

 

 

カモメ多すぎ問題

ヴェネツィアでよく目にする動物といえば、カモメ。

f:id:tabihey:20180411023309j:plain

海に囲まれているせいでしょうか。それにしても、そこら中にカモメ、カモメ、カモメ…。

 

f:id:tabihey:20180412154043j:plain

人が餌を与えるせいかな…?!

 

 

ゴンドラ

水上バスの他に観光用として使われている舟といえばゴンドラ。

30分程で€80~100程度で乗れるそうです。

ゴンドリエーレが歌を歌ってくれることも。

 

乗り場はこんな感じ

f:id:tabihey:20180411145040j:plain

制服がオシャレですね(^^)

 

近くで見てみるとシートが豪華

f:id:tabihey:20180411145045j:plain

 

今回は1人旅だったので、なかなか1人で乗ろうという勇気はありませんでしたが、いつかまた絶対来ようと決心。

 

f:id:tabihey:20180410235322j:plain

やっぱり街中をゴンドラが通る風景は素敵ですね(*'▽')♡

 

ふと歩いているとこんな光景も目にしました。

f:id:tabihey:20180411145305j:plain

ゴンドラが大渋滞しています。笑

  

おまけ:ゴンドリエーレの休憩タイム

f:id:tabihey:20180412015201j:plain

長閑だな~

 

こっちはお昼寝かな?

f:id:tabihey:20180412015206j:plain

街中でもこの制服は目立ちますね(*‘ω‘ *)

 

 

ランチ

リアルト橋付近に素敵なレストランがあったのでそちらで昼食をとりました。

f:id:tabihey:20180411022050j:plain

運河沿いのテラス席にはお花が飾ってありとても綺麗でした。

頼めば写真付きのメニューもいただけて、わかりやすかったです。

 

f:id:tabihey:20180411022236j:plain

ペスカトーレを注文しました。

 

f:id:tabihey:20180411022046j:plain

こちらはパンナコッタ

 

良い景色を見ながら食事ができ、どちらもおいしかったです!

ここで飲んだ甘いデザートワインも美味しかった!

店名:Ristorante Canal Grande 

 

リアルト橋からサン・マルコ広場

ヴェネツィアの街は道が入り組んでいて迷いやすいんですが、下の写真のように建物の壁によく矢印が出ています。これに沿って歩いて行けば、迷子になる心配なし!

f:id:tabihey:20180411163749p:plain

 

リアルト橋からサン・マルコ広場にかけてはお土産屋さんが並んでいます。

f:id:tabihey:20180411164016j:plain

 

ヴェネツィアングラスのお店が至る所にあり、とても綺麗でした。

f:id:tabihey:20180411164003j:plain

 

店内の天井

f:id:tabihey:20180411164215j:plain

 

帰りには置物とガラスのピアスも買いました(^^)

f:id:tabihey:20180412025703j:plain

お気に入りです

 

サン・マルコ広場

f:id:tabihey:20180411164514j:plain

こちらがサン・マルコ広場にある「サン・マルコ寺院」です。

金色の内装が有名でヴェネツィア1の大聖堂です。

それにしても前には気が遠くなるほどの長蛇の列!

並ぶのを回避するには朝一で行くか、€3払って事前予約するしかないようです。

 

f:id:tabihey:20180411164643j:plain

こちらは右がサン・マルコ寺院で

左が鐘楼

鐘楼には登ることができ、街を見下ろすビュースポットになっています。

 

ってことで、夕方にまた戻って登ってみました。

上からの景色はこんな感じ。

f:id:tabihey:20180411164647j:plain

屋根が全部茶色ですね

ヨーロッパは建物に統一感があって、上から見るととても綺麗です。

 

反対の海側はこんな景色

f:id:tabihey:20180411170034j:plain

f:id:tabihey:20180411170452j:plain

こちらも絶景(*'▽')♡

  

現代アートギャラリー

たまたま歩いていたら見つけた無料のギャラリーが楽しかったのでご紹介。

f:id:tabihey:20180412003918j:plain

f:id:tabihey:20180412003932j:plain
f:id:tabihey:20180412003906j:plain

イタリア版ビートルズはカラフルでした。笑♡

 

場所:Arte Moderna Contini

5分程で見れるのでお好きな方は是非(^o^)/

 

ペギー・グッゲンハイム・コレクション

19世紀前半の現代アートが展示されている美術館です。

こちらもたまたま通りがかった美術館なんですが、まさかこんな歴史的な街で現代アートを2回も楽しめるなんてびっくり!(*'▽') 嬉しい

f:id:tabihey:20180412004810j:plain
f:id:tabihey:20180412011121j:plain

 

建物は18世紀に造られたものだそうで、中庭やテラスから見える景色が素敵でした。

実際に展示作品を収集したペギー・グッゲンハイムさんが住んでいたお家だそうです。毎日こんな景色が見れるなんて羨ましいなぁ。。

f:id:tabihey:20180412004814j:plain

↑テラスの柵越しに写した1枚

 

↓中庭

f:id:tabihey:20180412010040j:plain
f:id:tabihey:20180412010026j:plain

f:id:tabihey:20180412011341p:plain

 

 

夕焼けのヴェネツィアの様子

夕焼けの景色はより一層幻想的でした。

f:id:tabihey:20180412015158j:plain

f:id:tabihey:20180412015217j:plain

いつでもどこでも絵になる風景

 

夜景

夜景も負けていません。

f:id:tabihey:20180412015209j:plain

 

サン・マルコ広場もライトアップさてれ圧巻の美しさ。

f:id:tabihey:20180412015220j:plain

水に反射する光がこれまた綺麗。

 

 

……って、、なんでこんなところに水?!?!?!(*_*;)

 

その原因はこれ

f:id:tabihey:20180412015213j:plain

満潮です。

 

こんなに水面ギリギリまで水位が上がるなんて驚きました。本当にいつか沈んでしまいそう。。

サン・マルコ広場は街の中でも標高が低いそうで、高潮の被害を1番に受けます。

 

街角には高潮に備えて下のような板が用意されています。

f:id:tabihey:20180412015224j:plain

水浸しになったら、これを繋ぎ合わせて道を作り、その上を人が歩きます。

 

 

うーん、やっぱり住むにはいろいろと苦労がありそうですね!

 

 

ってことで「世界にはこんな街もあるんだ~」と

また面白い発見ができた旅でした!(^o^)/

おわり

f:id:tabihey:20180412025345j:plain

 

↓ゴンドラやコンサートの予約、カラフルなブルーノ島へのツアーなど現地ツアーたくさん取り扱っているサイトです(^o^)/