なみへぇ×旅=『たびへぇ』ブログ

元CAで旅行好きな筆者がお届けする旅ブログ・現在イギリスにてボランティア活動中

ロイヤルウエディングのあったウィンザーってどんな街??

こんにちは

今回はハリー王子とメーガン・マークルさんのウエディングもあった「ウィンザー(Windsor)」という街をご紹介します(^o^)/

 

 

 

ウィンザーって?

ウィンザーはロンドンから西に電車で40分程行ったところにあり、ロンドンを訪れた際に日帰りでも簡単に行ける場所です。

ヒースロー空港からは車で20分ほど。

 

地図はこちら

 

私の家からも車で30分程で行けるので、同じ職場の人たちもよく週末にショッピングに行ったり、パブやクラブに行ったりするそうです。

 

私もこの1ヶ月で2回も連れて行ってもらいました(^^)

 

「今週末は○○にウィンザーに連れて行ってもらうよ」と言うと、

ウィンザーに行くの?いいわね~。素敵なところよ。」ってな感じの反応を話した人全員がしたので、観光客だけでなく地元の人たちからも評判の良い街なんだな~と感じました。

 

 

ウィンザーのシンボル「ウィンザー城」

現在もエリザベス女王が週末をここで過ごしています。

また2018年5月にハリー王子とメーガン・マークルさんが結婚式を挙げたのもこのお城。

f:id:tabihey:20180727055325j:plain

f:id:tabihey:20180727055630j:plain

ご覧のように、6月と7月の土曜に訪れたら、お城に入るのに長蛇の列ができていました(゚Д゚;)

夏は観光客も多いのに加え、晴れの土曜日、しかもロイヤルウエディング知名度もあがり、大変なことになっていました。

 

ウィンザー城に入るなら平日の朝に行った方がいいよ」とのことだったので、またいつかトライして、別の記事で報告します!

 

f:id:tabihey:20180727055248j:plain

ビクトリア女王銅像


 

ちなみに日本のメディアでは「ヘンリー王子」と書かれることも多く、こんがらがっていたのですが、最近「ヘンリー(Henry)」のニックネームが「ハリー(Harry)」と言うことを知りました。(;^ω^)

しかし、英語の記事を見ても「Prince Harry」や単に「Harry」と書かれていることがほとんどなので、あまりヘンリーは使わないかも。

 

最近、ビル(Bill)さんと思っていた入居者さんの本名がウィリアム(William)さんだということにもやっと気づきました。

英語のニックネームは全然違う名前になったりするので難しいです。(^_^;)

  

f:id:tabihey:20180727062048j:plain
f:id:tabihey:20180727060732j:plain

左:駅前のモザイク画

右:本屋さんのショーウィンドウ

6月はまだ祝福ムードが漂っていました!

 

 

ショッピング

ウィンザーはお店も多く、地元の人たちもショッピングのために訪れたりします。

 

お店が並ぶメイン通り

f:id:tabihey:20180727064709j:plain

 

駅のショッピングモール

f:id:tabihey:20180727061736j:plain

 

私も好きなイギリスブランド「Cath Kidston

f:id:tabihey:20180727055832j:plain
f:id:tabihey:20180727060101j:plain

 

 

お菓子屋さんのショーウィンドウを見つめる女の子

f:id:tabihey:20180727065154j:plain

 

お店の建物が傾いているジュエリーショップ

f:id:tabihey:20180727060314j:plain

f:id:tabihey:20180727060507j:plain

 

可愛らしいピンクのお店

f:id:tabihey:20180727063049j:plain


ウエディングでも見たイギリス婦人たちがかぶってるオシャレ帽子

f:id:tabihey:20180727060946j:plain

2万円ほどで売られていました。

イギリスらしいなと思って思わずパシャリ

ロイヤルウエディングの時もまるで帽子のコレクションみたいでしたよね(笑)

 

実はこの日もウィンザーのお隣のアスコット競馬場で「Royal Ascot」(イギリス王室主催の競馬)が開かれており、道中、車やバスの中にこのような派手な帽子を被っている女性たちを見かけました。

フォーマルな場には帽子を被っていくそうです。

日本にはない文化で面白いですね。

 

 

パブ&レストラン

ウィンザーには素敵なパブやレストランもたくさんあります。

f:id:tabihey:20180727061555j:plain

f:id:tabihey:20180727060647j:plain

夏はどこのパブもお花で飾られていて綺麗です。

f:id:tabihey:20180727061127j:plain

 

 

テムズ川

ウィンザーにはテムズ川が流れていて、川沿いを歩くのも気持ちが良いです。

 

学生がカヌーをしていたり

f:id:tabihey:20180727062358j:plain

 

川沿いのレストランでくつろいだり

f:id:tabihey:20180727062730j:plain

 

クルージングをしたり

f:id:tabihey:20180728071332j:plain

 

舟の上で食事をしたり

f:id:tabihey:20180728071308j:plain

 

白鳥とカモの量がすごかったり。。。

f:id:tabihey:20180727062549j:plain

 

のどかで良い雰囲気(*'▽')♡

 

こちらは道で見かけた水陸両用のアトラクション!

f:id:tabihey:20180727062227j:plain

調べてみたら20ポンドほどでした。

ちょっと楽しそう!!(≧▽≦)

 

 

イートン・カレッジ

イートン・カレッジ(Eton College)は13歳~18歳までの生徒が通う名門男子校で、ウィリアム王子やハリー王子、数々の首相も輩出したエリート校です。

f:id:tabihey:20180727063442j:plain
f:id:tabihey:20180727063557j:plain

f:id:tabihey:20180727060434j:plain

 

つい最近までは教会や中庭も一般公開されていたそうですが、残念ながら見学できないようになっていました。今のところ再開の目途はないとのこと。

 

中が見えたのはこれだけ。

f:id:tabihey:20180727060057j:plain

映画『炎のランナー』にも登場したそうです。

 

私が訪れた際は夏休み期間中でしたが、普段は特徴的な制服姿の生徒を見かけるそう。

ウィンザーの中心街からイートン・カレッジへ行く道途中には、制服を売っているお店があり、揃えるだけでもお金がかかりそうな燕尾服でした!

 

f:id:tabihey:20180727063311j:plain

イートン・カレッジまでの道

 

f:id:tabihey:20180727055554j:plain

途中で見つけた素晴らしいガーデン

 

 

まとめ

実際に行ってみると、地元の人たちにも人気な理由を納得!

観光地のウィンザー城だけでなく、古い街並みの中に素敵なお店もいっぱい!

運河沿いに流れるゆったりとした雰囲気も週末ここで過ごしたくなる理由の1つだと思いました。

ロンドンを訪れた際、もし1日空き時間があれば日帰りでウィンザーに訪れてみるのもオススメです(^^)

ただし夏の週末は朝早く行かないと、お城の入場に並ぶ羽目になるかも…?!

 

 

なみへぇ

 

 

↓航空券を一気に比較するならこのサイト!