なみへぇ×旅=『たびへぇ』ブログ

元CAで旅行好きな筆者がお届けする旅ブログ・現在イギリスにてボランティア活動中

不思議の国のアリスの世界に浸って、ロンドンで優雅なアフタヌーンティー

\FOLLOW ME!!/

こんにちは!

先日、日本から遊びに来た友達とロンドンでちょっぴり優雅なアフタヌーンティーを楽しんできました。

 

その名もサンダーソンホテル(Sanderson Hotel)の

「マッドハッターズ・アフタヌーンティー(Mad Hatters Afternoon Tea)」!!

 

 

タラーーン☆

f:id:tabihey:20180924040655j:plain

心が躍る(*'▽')♡♡♪

 

可愛らしい食器にアリスの世界をモチーフにしたお菓子と紅茶、

見た目だけでなく、しっかり味もおいしくて素敵な時間を過ごすことができました。

 

目次

 

不思議の国のアリスはイギリス生まれ

不思議の国のアリスイギリス人の数学者が作った物語だとご存知でしたか?

こんなに想像力に富んだ作品、てっきり作家さんが書いたのかと...!!

 

作者のルイス・キャロルさんは、学生また卒業後先生としてもオックスフォード大学のクライスト・チャーチ(オックスフォード大学の寮の1つ)で半生を過ごしました。

それに因んでオックスフォードにはアリスショップがあり、観光客に大変人気のお店になっています。

f:id:tabihey:20180924054934j:plain

原作の挿絵のアリスを使った商品が並んでいます。

 

不思議の国のアリスの物語は、クライストチャートの長だったヘンリー・リデルさんの娘アリス・リデルをモデルにしたと言われています。

 

リデル家と親しい仲だった作者は少女アリスに即興で物語を作ってお話してあげたんだとか。

その物語が気に入ったアリスは、文字に書きだして欲しいとお願いし、手書きでできた本ができあがりました。

 

数学者としても立派で、さらに想像力に富み、文才まである。

なんと才能豊かな人だったのでしょう!

 

 

マッドハッターズ・アフタヌーンティー

話は戻り、マッドハッターズ・アフタヌーンティーの様子をレポートしていきます(^o^)/

 

まず、予めネットから予約していた時間に訪れ、テーブルに案内してもらいました。

 

中庭だとこんな景色の中でアフタヌーンティーが楽しめます。

f:id:tabihey:20180924042732j:plain

が、店員さんにも聞いてみましたが、日曜の14:30ということもありテラス席は満席で、私たちは室内で食事を楽しみました。

  

 
 
 
View this post on Instagram

Ready, set, FEAST 🍽️

Sandersonさん(@sandersonsocial)がシェアした投稿 -

デザイナーズホテルだけあって内装もお洒落。

 

そしてテーブルに着き、

まず渡されたのが、こちらの小瓶とカード

f:id:tabihey:20180924040829j:plain

紅茶の香りをかいで好きな物が選べます。

 

物語のなかの「Drink Me!」のボトルみたい。

f:id:tabihey:20180924040056j:plain

紅茶の名前も

ハートの女王、アリス、チェシャ猫、マッドハッター、白うさぎ

不思議の国のアリスのキャラクターです。

 

 

そして次に渡されたのがボロボロの古本。。

f:id:tabihey:20180924040350j:plain

ではなくて、メニュー!

 

アフタヌーンティーのメニューは

Mad Hatters Afternoon Tea £48

Mad Hatters Champagne Afternoon Teaシャンパン付き)£58

Mad Hatters Pink Champagne Afternoon Tea(ロゼシャンパン付き)£65

(値段はサービス料抜きの値段 サービス料は15%)

 

 

そして注文を終えると、先に紅茶が運ばれてきました。

f:id:tabihey:20180924040500j:plain

可愛い食器だけで興奮しまくる私たち(笑)

 

紅茶の量が1人1リットルほどあり最初は驚きましたが、

サンドイッチやお菓子を食べていたら、お茶も進みいつの間にか全て飲み干していました。

 

1杯ずつ交換して、違う味の紅茶も試飲^^

 

 

そして長らく待ち、メインの3段スイーツが運ばれて来ました!

f:id:tabihey:20180924062105j:plain

草からにんじんが生えてるううう~

 

季節によって内容が変わるようですが、この時は、

にんじん型のメレンゲ

キノコ型のマシュマロ

青い芋虫型のチョコ

香水型のマカロン

チェスのチョコレートケーキ

レモンのフィナンシェ

フルーツジュース

サンドイッチ3種類

等々

 

そして更に別のお皿でスコーンまで来ました!(*'▽')

 

全13種類でボリューミー!!

 

 

「可愛くて食べるの勿体ない!!」

「人生1食べるのが勿体ないと思った食べ物かもしれない!」

なんて言いつつ、

写真を撮り終わったあとバクバク食べました。( ̄▽ ̄)♡

 

そしてどれもおいしい☆

私が一番好きだったのは青い芋虫型のチョコレートです

(イギリスでもお金を出せば感動的な美味しさに出会えるんだな~~😂笑)

 

全て食べきれなかったので、お持ち帰りの箱も頂けました。

みんなスリムで美男美女の店員さんばかりでした(*'ω'*)

 

 

予約方法

予約はネットから簡単にできます。

9月初旬の日曜でしたが、当日の朝の予約で14:30からの枠が取れました。

 

予約サイト 「BOOK NOW」のボタンから

Mad Hatters Tea Party | Afternoon Tea London | Sanderson Hotel | MHG | SBE

 

アフタヌーンティーの時間は

月~土 12:30~16:00

日   13:00~17:00

 

 

場所

サンダーソンホテルは、ロンドン1賑やかなメイン通りOxford streetから1本中に入ったところにあり、アクセスも抜群です。

 

5つ星ホテルですが、外観はそこまで豪華な感じでもなく、一見普通のビルのようにも見える建物です。

通り過ぎないよう地図で確認しましょう。

ドアマンが立っている時もあります。

 

中に入って1階のすぐ右側がアフタヌーンティーのできるレストランです。

現代的なデザインのインテリアが目を引きます。 

 
 
 
View this post on Instagram

We only have eyes for you.

Sandersonさん(@sandersonsocial)がシェアした投稿 -

 

 

服装

服装はスニーカーにジーパン×TシャツというTHE観光客スタイルだと少し浮いてしまうかもしれません。

女性ならブラウスやワンピース、男性ならシャツなど少し小綺麗にしていった方が良いかと思います。

客層は20~30代の女性客やカップルが中心で、マダムたちもアフタヌーンティーを優雅に楽しんでました。

 

 

まとめ

イギリスの一味違うアフタヌーンティーの様子はいかがでしたか?

日本のガイドブックにも載っている人気店で、私たちも実際に利用して大満足!

日本から遥々遊びに来てくれた友達とは「こんなラブリーな所に付き合ってくれる彼氏良いね~」とか「絶対ここのスタッフ顔採用だ」とか(笑)

そんなたわいもない女子トークをして2時間ほどアフタヌーンティーを楽しみました。

料理によるエンターテイメントだと思えば、値段もそれなりかも⁉

 

 

◎インテリアがオシャレなサンダーソンホテルの宿泊予約はこちらから

Bopking.comでサンダーソン(Sanderson)ホテルを予約!

 

◎オックスフォードのアリスショップで手に入る品物がこちらのショップで販売されていました~!私が実際にオックスフォードで買った物と同じです^^

在庫限り【イギリス製】不思議の国のアリス ”アリスブレンド” Alice Blend ティーバッグ紙箱入り

価格:832円
(2018/9/24 07:41時点)

 

【イギリス製】不思議の国のアリス カラー*ポストカード ”トランプの兵士"

価格:270円
(2018/9/24 07:40時点)