なみへぇ×旅=『たびへぇ』ブログ

元CAで旅行好きな筆者がお届けする旅ブログ

イギリスで電車を安く乗る11の方法まとめ~Rail Card、Split Ticket等の説明~

\FOLLOW ME!!@73pey_journey

こんにちは

イギリスに来てから3ヶ月が経ちました。

今日は、電車の運賃が高いイギリスで、いかに安く旅するかを追求して分かった11の方法を紹介します。

 

旅行者の方も、イギリスに住んでいる方にも役立つ情報をまとめています!

 

この記事を見て「今まで損してた!」と気づいた方は、是非周りの人にもシェアしてください(^^)

 

f:id:tabihey:20180928102330j:plain

くまのキャラクターで有名なロンドン・パディントン駅

 

 ※この記事での「電車」はNational Rail(国鉄)のことで、ロンドンの地下鉄とは異なります。

  

1.混雑する時間帯を避ける

イギリスでは時間帯ごとにチケットが異なります。

Peak 平日朝と夕方

Off-Peak 平日のピーク時以外と土日祝日

 

それぞれの時間は、出発する駅・到着する駅によって異なりますが、だいたいPeakは平日の6:30~9:30と16:00~19:00、Off-Peakはそれ以外と考えておけばよいでしょう。

各鉄道会社のサイトやNational Railのサイト、Trainlineなどの電車検索サイトで調べると、どの電車がPeakか、またはOff-Peakなのかがわかります。

 

2.片道券と往復券をうまく使い分ける

日帰りの場合

片道券を2回買うより、往復切符を買った方が断然お得です。

日本人からすると不思議ですが、片道切符×2の値段=往復切符の値段ではありません。

片道券と往復券の値段が一緒のこともよくあります。

日帰り旅行の場合は往復券を買いましょう。

 

行きと帰りが別の日の場合

必ずしも往復券が安いとは限りません。

片道券をそれぞれ買う方が安く買える時もあります。

検索サイトを使って確認しましょう!

  

往復券の種類

◎日帰り切符

Anytime Day Return 時間帯の制限なし。行きと帰りが同じ日。

Off-Peak Day Return ピーク時は使えない。行きと帰りが同じ日。

◎行きと帰りが別の日

Anytime Return 時間帯の制限なし。帰りの列車は1ヶ月以内。

Off-Peak Return ピーク時は使えない。帰りの列車は1ヶ月以内。

 

ちなみにイギリス英語では片道切符は「Single Ticket」

往復切符は「Return Ticket」と呼びます。

 

3.少し不便な方のルートを選ぶ

どの駅で乗り換えるかによって値段が変わってきます。

例えば、オックスフォードからバースに行く場合

Didcot Parkway乗り換えは往復£19.70

Reading乗り換えは往復£47.70  (Didcot Parkway乗り換えでもOK)

というように、どのルートを利用するかによって値段に差が出ます。

 

4.早めに予約する

航空券を買う時のように、電車も購入が早いと安いチケットが見つかります。

時刻表が確定する12週前から探し始めると良いそうです。

また、Trainline等の電車検索サイトではアラート機能もあり、事前にアカウント登録をしておくとセール商品が出た際に知らせてくれます。

当日券と1ヶ月前の購入では2倍以上差が出ることもあるので、旅程が決まったらすぐに電車のチケットを探し始めましょう! 

  

5.前日でもネットで調べてみる

4.で早めに予約すると説明しましたが、突然決まった旅でも大丈夫です。

前日、ましてや当日でも売れ残りチケットが安く買える場合があります。

諦める前に一度、検索サイトで調べてみましょう!!

直前に自動券売機で買うよりお得に購入できる可能性があります。

 

6.予約手数料のかかるサイトでは買わない

電車検索でよく使わている「Trainline」等の多くのサイトでは、そのサイトを通して購入すると予約手数料を取られます。

一方、各鉄道会社のオフィシャルサイトで買えば手数料はかかりません。

ネットで予約する際は、利用するサイトに注意しましょう。

 

7.Split Ticketを利用する

Split Ticketは区間を分けて、チケットを購入する方法です。

 

例えば、ロンドン~バースの往復券を普通に買ったら£130.40ですが、

ロンドン~Didcot Parkway 往復£59.10 

Didcot Parkway~バース 往復£42.70

とチケットを2分割して買うと計£101.80と安くなります。

全く同じ電車に乗っていたとしても、チケットの買い方でだいぶ値段が変わります。

 

注意しなければならないのは、上の例の場合、必ずDidcot Parkwayに停まる電車に乗らなけらばならないことです。

が、Didcot Parkwayに停まりさえすれば、いちいち電車から降りて改札を出る必要はありません。

 

また、長い電車移動になる場合、ピーク時の時間帯に出発すると、出発地から到着まで全体がピーク時料金が適用されますが、

Split Ticketにすれば、最初の特定部分だけピーク料金、その後はオフピークの料金で済ますこともできます。

 

Split Ticketを検索するサイトもいくつかあるので、分け方を探すのに便利です。

Split Train Tickets (Official Site)

TrainSplit - Saving you real money by splitting tickets

ticketclever.com: the best train ticket prices, no booking fees

  

8.Rail Cardを利用する

電車によく乗る方は必ず持っておいた方がよいカードです。

1年間で£30、3年間で£70を払えば、どの電車も正規料金の2/3の値段で乗れます。

1年で£90以上電車を使う方は元が取れます。

イギリスの電車は高いので1年住んで各地を小旅行していれば、£90なんてすぐ超えてしまうと思います。

 

またRail Cardを持っていると、ロンドンの地下鉄でも割引が受けられます。

Oyster Cardを購入し、Oyster Cardのサイトで個人情報を登録した後、ロンドン地下鉄駅窓口でRail CardとOyster Cardを提出すると割引料金で乗れるよう設定してもらえます。

 

Rail Cardの種類

16‐25 Railcard

16~25歳限定 またはフルタイムの学生に適用

25歳の誕生日前に買えば26歳になっても使えます。

Two Together Railcard

最初に登録した2名が、一緒に電車を利用する場合に使用可能

Network Railcard

イギリスの南東エリア限定で利用可能

エリア詳細

Family&Friends Railcard

5~15歳対象で60%のディスカウント

Senior Railcard

60歳以上限定

Disabled Persons Railcard

障害をお持ちの方とその付き添い者に適用(こちらは1年で£20)

26-30 Railcard

2018年9月現在トライアル中 26~30歳限定

 

Rail Cardの作り方

パスポートサイズの写真と駅に置いてある冊子の記入欄を埋めて、駅窓口に持って行くだけ。ネットから申請する方法もあります。

 

Rail Cardの詳細 オフィシャルサイト

疑問点は「FAQ Railcard」などと検索すると、よくある質問コーナーのサイトが出てきます。https://www.16-25railcard.co.uk/help/faqs/

 

9.格安鉄道会社を利用する

この記事を書くにあたって調べ物をしているうちに知りましたが、

格安航空や格安バスがあるように、なんと格安電車がイギリスには存在するそうです。

運が良ければ£1~電車のチケットが買えてしまいます。

 

Virgin Trainsはロンドンから北はスコットランドのEdinburghやGlasgowまで広範囲で運行しています。バーゲンセールなんかもあるようです。

Virgin Trainsの運行範囲 Stations and Destinations - Virgin Trains

 

MegaTrainは他の鉄道会社が運航する列車の一部分の席を格安で販売しています。

2018年現在はEast Midlands Trainsとの提携で7都市を結ぶ電車が利用できます。

(London St Pancras-Leicester-Loughborough-Derby-Nottingham-Chesterfield-Sheffield)

2017年までは他の鉄道会社とも提携があり19都市利用できたそうですが、、、

検索サイトは格安バスの「メガバス」と同じなので、バスのルートも一緒に出て来てしまいます。[Show journey]のボタンからいちいち電車かバスなのか確認しなければならず少し面倒です。

  

10.短期旅行者向けブリットレイルパスを利用する

旅行でイギリスに来て、イギリス国内をあちこち旅行したいという方向けに、電車乗り放題券の「ブリットレイルパス」があります。

旅行者向けなので、イギリス国内では購入できません。必ず出発前に日本で購入してください。(日本の新幹線乗り放題券が外国人しか買えないのと同じ感じ)

他にもロンドン近郊の周遊パスなどもあります。

 

詳しくはこちらのオフィシャルサイトをご覧ください。

 

11.返金を忘れない

こちらもまだ実際試したことはないんですが、

電車が30~59分遅れた場合は料金の50%

1時間以上遅れた場合は料金の100%が返金されるそうです。

(利用する鉄道会社によってポリシーが異なります)

 

その日利用したチケットを手元に残しておいて、28日間以内に申請します。

申請は各鉄道会社のホームページから、またはクレーム用のリーフレットが駅で配られた場合は記入して駅窓口で提出します。

 

 

まとめ

以上、イギリスで電車旅行を楽しむための節約術をまとめてみました!

実践するとかなりお金をセーブできるので、是非試してみてください。

まだ私も3ヶ月イギリスで生活しただけなので、こんな方法もあるよ!って方は是非コメント欄で教えて下さい(^o^)/

 

この記事を書くにあたって特に参考にしたサイト 

https://www.moneysavingexpert.com/travel/cheap-train-tickets/

https://www.telegraph.co.uk/travel/advice/cheap-uk-rail-fares-how-to-save-money/

 

 

 ◎この記事を読んだ方にはこちらもオススメ!!

電車で旅行すれば観光地の入場料まで半額!「2FOR1」の使い方紹介してます

tabihey.hatenablog.com

 

↓電車の次はホテルを予約!私がいつも使っているサイトです(^o^)/

宿泊施設の登録数が他に比べて多い☆