なみへぇ×旅=『たびへぇ』ブログ

元CAで旅行好きな筆者がお届けする旅ブログ・現在イギリスにてボランティア活動中

シェイクスピアの故郷を1日歩いて観光~ストラトフォード・アポン・エイヴォン~

\FOLLOW ME!!/

9月頭、シェイクスピアの故郷である「ストラトフォード・アポン・エイヴォン(Stratford-upon-Avon)」へ行ってきました。

 

シェイクスピアが生まれ育ち、晩年も過ごしたこの街は、シェイクスピアゆかりの地を巡る観光スポットになっています。

 

私自身は特にシェイクスピア好きとか文学好きとか全くそういうのでは無いですが、ガイドブックにも取り上げられているところだし、まぁどんなところか行ってみようかな~程度のノリで訪れました。

シェイクスピアやイギリス文化の勉強になり、街自体も良い雰囲気でなかなか楽しかったですよ(^^)

  

 

ロンドンからストラトフォード・アポン・エイヴォンへの行き方

ロンドン・メリルボーン駅(London Marylebone)から1度乗り換えをし電車で約2時間

 

↓電車のチケットをお得に買う方法はこちら

イギリスで電車を安く乗る11の方法まとめ~Rail Card、Split Ticket等の説明~ - なみへぇ×旅=『たびへぇ』ブログ

 

 

観光に最適なチケット

シェイクスピアゆかりの地を巡るセット券がお得です。

チケットは当日各施設のチケットオフィスで購入するか、ネットで事前購入できます。

ネット購入の場合は10%割引になり、自宅でプリントアウトしたものを持参します。

 

セット券

Full Story Ticket 大人£22.50 (事前購入£20.25)

シェイクスピアゆかりの地5ヵ所に入場できるお得なチケット

 

個別購入

Shakespeare's Birthplace  大人£17.50 (事前購入£15.75)

シェイクスピアが生まれ育った家

Shapespeare's New Place 大人£12.50 (事前購入£11.25)

シェイクスピアが晩年過ごした場所(当時の建物は残っていません)

Hall's Croft        大人£8.50 (事前購入£7.65)

長女スザンナとその夫(医師)が暮らした家

Anne Hathway's Cottage  大人£12.50 (事前購入£11.25)

アン・ハサウェイの実家

(Stratford-upon-Avon中心地から徒歩20分ほど)

Mary Arden's Tudor Farm  大人£15.00 (事前購入£13.50)

シェイクスピア母の実家の農場

(Stratford-upon-Avonからバス、電車、またはタクシー。徒歩だと1時間)

 

2カ所以上回るなら絶対セット券を購入しましょう!!

 

私はSmartsaveというサイトに登録してみたら20%OFFでチケットを購入できました。登録したらチケットを買う際にバーコード画面を見せるだけ。

ネットで事前購入するより安くなってお得な気分になりました^^

Shakespeare's Houses and Gardens | Museums | 20% off with Smartsave

 

 

シェイクスピアの生涯を短くまとまてみる

故郷を訪れる前にウィリアム・シェイクスピアについて少しお勉強

 

1564年 ストラトフォード・アポン・エイヴォンにて誕生

父は革手袋屋で成功し、母は地主の家出身で、比較的裕福な家庭でした。

1582年 18歳の頃、当時26歳だった隣町に住むアン・ハサウェイと結婚する。

1583年 長女誕生

1585年 長男と次女の双子が誕生 (長男は1596年他界)

その後、教師として働いていたという説もあるが定かではない。

1592年頃 ロンドンに進出し、俳優として活動しながら脚本も書くようになり、演劇の世界で道を開く。

代表作は『ロミオとジュリエット』『ヴェニスの商人』『ハムレット』『リア王』『マクベス』等々。

1613年 引退し、ストラトフォード・アポン・エイヴォンへ戻る

1616年 52歳で生涯を終える

  

当時の平均初婚年齢は26歳ということなので、18歳で結婚というのは、当時でも早かったようです。

奥さんが妊娠してたので、急いで式をあげたそうですよ。

 

 

観光ルート紹介

では街の様子を紹介していきます(^^)/

 

午前11時にStratford-upon-Avon駅に到着

 

まずは駅からAnne Hathway's Cottageに向けて歩いて行きます。

Anne Hathway's Cottageは他と少し離れた場所にありますが、徒歩でも行ける距離です。(駅からコテージまでは徒歩20分程)

 

Google Mapに沿って歩いて行ったら途中から看板が出ていました。

f:id:tabihey:20181002065432j:plain

 

こんな広々とした公園を通って行きます。

f:id:tabihey:20181002065557j:plain

 

イギリスの夏の終わりを知らせるブラックベリーがなっていました。

f:id:tabihey:20181002065727j:plain

 

途中にあった、お家やパブも素敵な建物でした。

f:id:tabihey:20181002082902j:plain
f:id:tabihey:20181002065158j:plain

 

Anne Hathway's Cottage

まず、アン・ハサウェイのコテージに着いたらセット券を購入。

 

私はその券を利用して、Anne Hathway's Cottage、Shakespeare's Birthplace、Shapespeare's New Place、Hall's Croftの4カ所を回りました。

Mary Arden's Tudor Farmは離れた場所にある上に、ファミリー向けの農場という口コミがあったため、行きませんでした。

 

アン・ハサウェイのコテージがこちら

f:id:tabihey:20181002065447j:plain

まるでおとぎの国のお話に出て来そうな可愛らしい外観です!

 

私はこの施設の見学が1番楽しかったです。

建物も古いまま残っており、ボランティアの方の説明も丁寧で、外観・内観共に見ごたえがありました。

 

建物は500年の歴史があり、数回増築されているそうですが、

中でも古いお部屋の1つがこのキッチン。

f:id:tabihey:20181002082734j:plain

石畳の床は当時のままだそうです。

 

寝室

f:id:tabihey:20181002070545j:plain
f:id:tabihey:20181002070710j:plain

 

ボランティアの方の説明は全て英語なので、このような日本語ガイドも用意されていました。

f:id:tabihey:20181002070858j:plain

私はそんなこと知らずに、出口の回収箱でこれを発見( ̄▽ ̄)

いったいどこで貰えたのだろう、、、

 

f:id:tabihey:20181002071058j:plain

お庭も綺麗でした^^

 

シェイクスピア関連のお土産は、こちらとShakespeare's Birthplaceにたくさん売っていました。

f:id:tabihey:20181002071241j:plain

 

見学をして、お庭で写真もいっぱい撮って小1時間で見学を終えました。

 

 

Shakespeare's Birthplace

アン・ハサウェイのコテージから歩いて25分、続いて「シェイクスピアの生家(Shakespeare's Birthplace)」を訪れました。

f:id:tabihey:20181002073453j:plain

シェイクスピアが生まれ育った家です。

 

まず最初は資料館になっています。

f:id:tabihey:20181002072239j:plain
f:id:tabihey:20181002085759j:plain

私はあまり興味がなくほぼ飛ばしてしまいました( ̄▽ ̄)💦
シェイクスピアに関わる資料がコレクションされていたり、シェイクスピアをモチーフにしたアート作品が展示されていました。

 

中庭には、作品の一コマが書かれた壁

f:id:tabihey:20181002085838j:plain
f:id:tabihey:20181002090033j:plain

 

作品のワンシーンを演じてくれる役者さんもいました。

f:id:tabihey:20181002072414j:plain

 

そしていよいよお家の中に入ると、当時を再現したお部屋が!

日本語の説明が書かれた紙もいくらか払えば手に入ります(50pだったかな?)

 

家族の憩いの場だった居間

f:id:tabihey:20181003055358j:plain

この時代、居間は来客用の寝室としても使われていたらしく、立派なベッドは生活が豊かであった証拠だそうです。

 

手袋屋 兼 羊毛商だった父の仕事場

f:id:tabihey:20181002072655j:plain

羊や鹿、小ヤギなどの高級革で主に手袋を作って販売していたそうです。

左は当時の服を着たガイドさん、この部屋の説明をしてくれます。

 

シェイクスピアが生まれた部屋

f:id:tabihey:20181002072832j:plain

当時の壁や家具、小物、服が再現されています。

 

そして、30分程ですべて見学を終えました。

 

 

Shapespeare's New Place

シェイクスピアが晩年を過ごしたお家です。

ですが、建物はもう残っておらず跡地だけで、小さな資料館とガーデンがあります。

 「復元するお金がないんだ…」とボランティアガイドの方が言っていました。。

 

ちなみに、当時の家の復元がこちらではなく中国で2020年オープン予定とのことです。

  

さすが何でもパクる中国

ここまでやってくれるか…( ̄▽ ̄)w

 

こちらがシェイクスピアが住んでいた頃の家の模型

f:id:tabihey:20181002074650j:plain

 

その後、跡形もなくこのように改造されてしまいました。

f:id:tabihey:20181002074519j:plain

 

現在の様子 ガーデンが綺麗です。

f:id:tabihey:20181002074839j:plain

 

シェイクスピアが住んでいた頃にあった大きな木を再現

f:id:tabihey:20181002075144j:plain

が大きな木は運べないので、何本かの木を密集させて大きな木を再現(笑)

 

建物が無いのは残念ですが、ボランティアスタッフの方々が丁寧に説明してくださるので、勉強にもなり楽しめました。

暇そうにしているスタッフが居たら、声をかけてみると英語の練習にもなっていいかも^^

現地の方はシェイクスピアのことを「ウィリアムは~」と下の名前で呼んでいました。

 

こちらも見学時間は30分程でした。

 

 

Hall's Croft

シェイクスピアの長女スザンナとその夫(医師)が暮らしたお家で、当時の豊かな生活が見学できます。

こちらでも無料の日本語説明文が渡されました。

f:id:tabihey:20181002075324j:plain

 

ダイニングルーム

f:id:tabihey:20181002075704j:plain
f:id:tabihey:20181002075508j:plain

 

キッチン(左)と薬の調合室(右)

f:id:tabihey:20181002075943j:plain
f:id:tabihey:20181002075829j:plain

 

見学時間は15分程でした。

 

 

ホーリー・トリニティ教会

シェイクスピアと妻アン・ハサウェイが眠る教会です。

セット券には含まれていない場所ですが、シェイクスピアゆかりの地の1つとして訪れる方も多いです。

f:id:tabihey:20181002080128j:plain

お墓の近くまで行くのに£3か£4程払いました。

 

教会の中ですが、撮影OKだったので写真に収めることができました。

f:id:tabihey:20181002080842j:plain

ステンドグラスが綺麗

 

奥に進むとシェイクスピアのお墓(右)と隣には奥様のお墓が(左)

f:id:tabihey:20181002080318j:plain

 

こんな綺麗なところに眠っているんですね~

f:id:tabihey:20181002080507j:plain


シェイクスピア銅像 右手にはペン

f:id:tabihey:20181003072038j:plain

 

たまたまこの日は、この教会で結婚式が行われていて、終わるまで外で待つことになりました。

f:id:tabihey:20181002081154j:plain

出てきた人たちのドレスが、おばさま方も華やかな色ばかりで、日本人の服の色って地味なんだな~と改めて思いました。

 

 

ストラトフォード・アポン・エイヴォンの街の様子

この町にはチューダー様式の家が数多く残っています。

f:id:tabihey:20181002073618j:plain

むき出しになった黒の木の柱の間を、白い漆喰(しっくい)で埋められている(?)感じの建物です。

 

f:id:tabihey:20181002073739j:plain

しかもその木も直線ではなく、ゆがんでいるので倒れないのか心配になります。

さらに1階、2階、3階と上に行くほど前に出ている(広くなっている)のでさらに倒れないか心配になります。

耐震性を気にしてしまうのは日本人の国民性でしょうか。。

 

 

店の中がすべてクリスマスなお店

f:id:tabihey:20181002073016j:plain
f:id:tabihey:20181003062653j:plain

 

ピーターラビットのお店と、壁が可愛かったカフェ

f:id:tabihey:20181002072113j:plain
f:id:tabihey:20181002073320j:plain

 

マーケット

f:id:tabihey:20181002071402j:plain
f:id:tabihey:20181002071632j:plain

f:id:tabihey:20181002071807j:plain

↑イギリスのあま~いお菓子「ファッジ(Fudge)」

キャラメルに似てます。

 

川沿い

天気も良くエイボン川沿いの雰囲気は平和でゆったりしていました。

f:id:tabihey:20181002074051j:plain

舟を漕いでいる人もいっぱい

 

白鳥が立っているところを間近で見ると巨大でびっくりしました。

f:id:tabihey:20181002074234j:plain

「そのお菓子ちょうだいよ~」と言っています。

 

このボートには本当に人が住んでいます。

f:id:tabihey:20181002081718j:plain

電気のこととか水回りのこととか、住み心地とかいろいろ聞きたい。

 

アイスクリーム屋さんとして営業しているボートもあります。

f:id:tabihey:20181002081401j:plain

 

シェイクスピアと物語の登場人物の銅像

f:id:tabihey:20181002081937j:plain
f:id:tabihey:20181002081843j:plain

 

劇場

f:id:tabihey:20181002073912j:plain
f:id:tabihey:20181002074404j:plain

こちらでお芝居を楽しむことができます。シェイクスピアの作品もやっていました!

 

 

…とこんな感じで、11時~17時半の間で、ゆっくり街全体をぐるっと回ることができました。

 

 

この後、線路工事に巻き込まれ電車がなかなか来ず、、、

時間を潰す羽目になったので、綺麗な夕暮れの街の様子をご覧ください。

 

帰りは、駅員不在でアナウンスも流れないわ、線路閉鎖のための代替バスの運転手はやる気ないわ、本当にイギリスの電車は散々でした( ̄ω ̄ )

日本の公共交通機関は本当に素晴らしいです。

 

夕暮れの川沿い

f:id:tabihey:20181002082055j:plain

 

夜のレストラン

f:id:tabihey:20181003074245j:plain

 

お店のショーウィンドウ

f:id:tabihey:20181002070051j:plain

夜の雰囲気も素敵でした。

 

イギリスならではのゴーストツアーも開催されていましたよ。

ゴーストツアーはイギリスの各地で行われていて、ガイドさんと一緒に幽霊スポットを回るツアーです。意外と人気。

私は絶対参加したくありません(*'▽')

 

 

まとめ

最初はシェイクスピア好きでもないけど行って楽しいかな~?なんて思っていましたが、川が流れる街の雰囲気や、小さなお店、チューダー様式の建物など、街を歩いているだけでも十分楽しめました。

アン・ハサウェイのコテージの見学も良かったです。少し離れてはいますが、是非訪れてほしいオススメスポットです。

 

是非ご旅行で訪れてみてください(^^)

 

 

ストラトフォード・アポン・エイヴォンへの現地ツアーはこちらのサイト

ツアーだとコッツウォルズやオックスフォードなども合わせて1日で回れます。

電車トラブルの心配もなし!(笑)

 

◎イギリス他の都市への旅行記はカテゴリ検索から

イギリス国内旅行 カテゴリーの記事一覧 - なみへぇ×旅=『たびへぇ』ブログ

 

◎インスタグラムに旅の写真載せてます

フォローしてくれたら、とっても嬉しいです。

www.instagram.com