なみへぇ×旅=『たびへぇ』ブログ

元CAで旅行好きな筆者がお届けする旅ブログ・現在イギリスにてボランティア活動中

冬のブダペスト旅行~気温や服装・空港から市内の移動方法・物価・カード事情・ホテル etc.

\FOLLOW ME!!/

こんにちは~

11月下旬、イギリスから日本への帰国途中に寄ったブダペスト旅行について何記事かに分けて書いていこうと思います!(^o^)/

 

1~2年前にオーストリア&チェコに遊びに行った際に、ついでに一緒に寄りたかったものの時間が足りずに行けなかったハンガリー。

ブダペストの夜景の写真を見てから、その美しさに惚れて「行きたい所リスト」に追加!今回帰国途中に2日間だけ滞在してきました!

 

 

f:id:tabihey:20190120002826j:plain

ブダペストの夜景

 

旅程

1日目 午前 ロンドン・ルートン空港発 ウィズエアー

    夕方 ブダペストのホテルに到着

    夜  ブダペスト観光

2日目 一日ブダペスト観光

3日目 早朝 ブダペスト~ドイツ・デュッセルドルフ飛行機移動

    ケルン観光

    夜 デュッセルドルフ~日本

4日目 日本着

 

という日程で、スカイスキャナーで飛行機を探していたら、ANAのデュッセルドルフ乗り換え(9時間乗り継ぎ待機)のチケットが安かったので、ついでに行ってみたかったケルンの大聖堂も見に行ってしまえ~!とケルン旅行まで組み込みました。

(デュッセルドルフ~ケルンへは特急列車で30分くらい)

 

なんとブダペスト~名古屋、名古屋~ロンドンの航空券が往復66,740円で取れたのです!しかもANA!日本発の往復じゃ絶対この価格は無理ですよね。ヨーロッパ発しかもブダペスト発だったからできた気がします。

 

このチケットの詳細はこんな感じでした。

【往路】

ブダペスト~デュッセルドルフ (ユーロウィングス)

〈9時間乗り継ぎ〉

デュッセルドルフ~成田 (ANA)

成田~名古屋(ANA)

 

【復路】

名古屋~成田(ANA)

成田~ブリュッセル(ANA)

ブリュッセル~ロンドン(ブリュッセル航空)

 

帰りは羽田~ロンドンの飛行機もあったんですが、乗り換えが多い分、安いチケットを選びました。

 

冬のブダペストの気温や服装

私が行ったのは11月20日頃だったんですが、ちょうど私が滞在した2日間は冬の気温に見舞われてしまいました。しかも雨。(前の週は10℃以上あったのにな~)

その日の気温は1~4℃でした。

 

服装は

ショートブーツ

長ズボン×ヒートテックレギンス

極暖×セーター×ウルトラライトダウン×ロングコート

マフラー×手袋×耳あて

で1日外を出歩いていました。

 

薄いのにしっかり温かいユニクロ様☆(*'▽')

ヒートテックがなかった時代はどうやって生きていたんだっけ?と、もうユニクロなしでは冬は乗り越えられなくなってしまいました。

 

ブダペストの物価

ロンドンからブダペストに行った私はもうハンガリーの安さにウキウキ!♡

こんなにおいしい物がこの価格で食べれるなんて!!と心が躍りました!(*'▽')

カフェで一杯飲み物を頼むとだいたい150円~200円かな(ロンドンの半額!)

 

宿泊施設もブダペストの中心地で

ドミトリールームなら1泊 600円~

4つ星ホテルでも1泊 8000円~

私が泊まったところは個室&キッチンバス共用のアパートメントで1泊3000円くらいでした!

 

通貨 現金やカード事情

通貨はフォリント(Ft や HUFと表記せれています)

100HUF=約40円なので

半分で割った数字より少し安いくらいだなと頭の中では適当に考えていました。

 

念のため街中の両替所で余っていた30ユーロくらいをフォリントに変えましたが、正直現金がなくてもカードだけで過ごせたなと思いました。

レストランも、温泉の入場も、スーパーも、切符を買うのも全てカードが使えたので。

 

ブダペスト空港~市内までの移動

空港から市内までの移動はバスで1本!

路線バス『100E』に乗って40分ほどでした。

 

100Eのバスは空港から出発し「Kálvin tér 」→「Astoria」→「Deák Ferenc tér 」の順に市内の3ヵ所に停まります。

 

私は、終点の「Deák Ferenc tér」のすぐ近くの宿に泊まっていたのですが、オーナーさんからの来た案内メールには空港~Deák Ferenc térまで45分~75分かかると書かれていました。道が混んでいる時はもしかしたら、1時間以上がかかるのかもしれません。

 

運行時間は

空港~Deák Ferenc tér 5:00~1:20

Deák Ferenc tér~空港 3:40~0:40

20分毎に運行しています。

(2019年1月調べ 詳しくはこちらのサイトでhttps://bkk.hu/en/airport-shuttle/

 

料金は

片道チケットのみで900HUF(約350円)です。

 

宿泊施設

ホテルはロケーション重視で、Booking.com で地図上から探しました。

空港からのシャトルバスが着くDeák Ferenc tér駅から徒歩3分のところです。街の中心の大通り沿いにあるため、観光地へも徒歩で行け、夜も明るく快適でした。

https://t-ec.bstatic.com/images/hotel/max1024x768/897/89786195.jpg

Lidi Guesthouse (Booking.com) 写真:Booking.com

 

f:id:tabihey:20190120002800j:plain

バスルームから見た景色

 

f:id:tabihey:20190120002725j:plain

 観光地の聖イシュトヴァーン大聖堂もすぐ

 

人にオススメするかというと星5つ中3つってところです。

ホテルではなく、アパートメントタイプの宿だったので、同じビルには普通の住居者もいますし、常にオーナーさんがいるわけでもないので、事前に何時頃到着予定か英語でメールでやりとりしなければなりません。

そういう面ではホテルよりはちょっと面倒かな。

あと入り口の門2カ所、フロア入り口の鍵、玄関の鍵、部屋の鍵と開けなければいけない鍵がいくつもあったのがややこしかった。

 

f:id:tabihey:20190120005519j:plain
f:id:tabihey:20190120005525j:plain

↑建物に入るための1個目と2個目の扉。パスワードを打って入ります。
そしてまた玄関2つとお部屋の鍵を開けます。

 

とても古いエレベーター

f:id:tabihey:20190120002750j:plain

扉は手動式で二重になっています。

エレベーターの扉を自分で閉めるなんて面白い!

以前イタリアのフィレンツェでもこのようなエレベーターのあるアパートに泊ったんですが、ヨーロッパって多いのかな?

 

外は鉄格子で中は木製の扉

f:id:tabihey:20190120010111j:plain

 

最初に宿に着いた時点では、まだオーナーさんがいなくてお部屋に入れず、、電話をしたら、あと5分ほどで別の人が来るとのことでした。

というかWhatsAppに「無事空港に着いたら正確な到着時刻を教えてね~」というメッセージが来てたのに気づいていなかった。

(イギリスで使っている携帯SIMもハンガリーで使えます。)

 

スタッフの方は英語もペラペラで、いろいろ案内してくださり良い方でした。

 

一人部屋

f:id:tabihey:20190120002741j:plain

まぁ寝られればいいなと思っていたので十分

お部屋も暖かかった(^^)

 

共用のキッチンやダイニング

f:id:tabihey:20190120002813j:plain
f:id:tabihey:20190120002806j:plain

ダイニングに冷蔵庫

バスルームに洗濯機もありました。

 

お部屋は全部で5つくらいあったかな。

 

2泊で52ユーロでした。

立地と、部屋の清潔さ快適さ、価格設定は満点で私は満足しています(^^)☆

近くにスーパーやレストランがあったのも良かったです。

 

↓この宿泊施設の予約はこちら

Lidi Guesthouse (Booking.com)

 

 

次回からブダペスト観光のお話を書いて行きまーす!(*'▽')