なみへぇ×旅=『たびへぇ』ブログ

元CAで旅行好きな筆者がお届けする旅ブログ

リトルベニスからパディントン駅をぶらり旅~ロンドン穴場散策~

\FOLLOW ME!!@73pey_journey

今回は、ロンドンの「リトルベニス」と呼ばれるエリアと、パディントンベアで有名な「パディントン駅」を紹介していきます!

この2つは徒歩10分くらいの距離にあるので、1時間ほど観光しながらゆっくりお散歩するのに最適です☆

またパディントン駅は、空港行きやオックスフォード行きの列車が出る出発地点の主要駅なので、利用する場面も多いかと思います。

 

「リトルベニス」はガイドブックだと、小さく載っているだけなんですが、実は日本ではあり得ない⁉かなりの面白スポットなんです!

そこには、停泊させたボートを家代わりに暮らしている人たちがいます。

 

「都会のロンドンの中でボート暮らし.....?!」

「どうやって生活してるんだ?」

 

と、日本にはない文化でいろいろミステリアスな世界を紹介していきまーす!

  

 

散策ルート

 

 

リトルベニス

ナローボートで生活する人々

f:id:tabihey:20190923160628j:plain

「リトルベニス(Little Venice)」写真で見るとその名の由来がすぐにわかるように、水の都ベネツィアのように運河の上に人々の生活が成り立っています。

 

運河沿いにたくさんのボートが並んでいますが、これが「ナローボート(narrow boat)」と呼ばれているものです。

幅がnarrow(狭い)のは、細い運河を移動するためです。

 

ここにずっと停泊しているわけではなく、気が向けば移動できるわけです。

まぁボートですからね。

 

このナローボート先ほども言ったように、家としてここに住んでいる人たちがいます。

細長ーいボートの中にはキッチン、トイレ、シャワー、ベッド、ソファなどなど何でも備わっています。

カーテンが空いていれば、ちらっと散歩しながら中の様子が覗けちゃいます☆

普通の家のようでびっくりしますよ!

 

↓ボートでもガーデニングまで楽しめるようです!

f:id:tabihey:20190923160647j:plain

それぞれ自分なりにカスタマイズされてて面白いです♪

 

色はどれもカラフル!

f:id:tabihey:20190923160622j:plain

川は流れていないので、船酔いとかもなさそう。

日本と違って台風など自然災害がほとんどないことも、ボート暮らしができる理由ですね。

 

このリトルベニスだけでなく、イギリスにはナローボートで生活している人が各地にいます。

Airbnbでナローボートに宿泊もできるので、ボート生活体験を味わってみたい方は是非探してみてください☆

私もいつか泊まってみたいな~(*'▽')

 

ちなみ、ナローボートで生活している日本人の方もいるんですよ!

ボート生活について色々疑問だらけだと思いますが、気になる方は是非ググってみてください☆

私もその生活ぶりをブログで読ませてもらいました!

 

リトルベニスでできること①カフェでまったり

散策以外にはリトルベニスで何ができるのか紹介していきます!

まずはこちら!

f:id:tabihey:20190923160638j:plain

ボートカフェ
移動販売車は日本でもよくありますが、これはそのボート版!

お店は水上で、席は地上というなんだか面白い光景ですが、もうこの長閑に流れる時間、その空気感が平和そのものなんです♡

このボートはいつもここに停泊してるので、行けば必ず出会えますよ

 

イギリスは湿度が低いので、夏でも木陰に入れば涼しいんです

f:id:tabihey:20190923160643j:plain

みなさんリラックスしてます

 

リトルベニスでできること②ボートに乗る

観光用のボートツアーが、リトルベニスからロンドン動物園を通ってカムデンタウンまで運行しています。

カムデンタウンも少しマイナーですが、マーケットがあり、原宿のような、道頓堀のような、賑わった街です!

f:id:tabihey:20190923174053j:plain

https://www.londonwaterbus.com/

大人 £12

1時間に1~2本運行

 

運航会社2つ

Jason's Trip http://www.jasons.co.uk/

London Waterbus Company https://www.londonwaterbus.com/

 

乗り場には列ができているので、きっと場所はわかると思います。時刻表の看板が立っています。

 

↓プライベートボートも借りれるようで(写真真ん中)

舟の上でシャンパンを飲んでパーティーしていました☆

f:id:tabihey:20190923160616j:plain

 

リトルベニスでできること③人形劇を見る

ボート上でいろんな商売があります。

カフェに続き今度はファミリー向けの人形劇です。

ボートの劇場なんて、ここでしか味わえない経験ですね!

 

The Puppet Theatre Barge

http://www.puppetbarge.com/

 

リトルベニスでできること④レストランで食事を楽しむ

f:id:tabihey:20190923160651j:plain

パディントン駅前に停泊しているこのカラフルなボートは若者に人気のレストラン兼バー

Darcie & May Green

https://www.daisygreenfood.com/venues/darcie-may

 

そして、こちらはシーフード料理が楽しめるシックなお店

f:id:tabihey:20190923180645j:plain

London Shell Co. Aboard The Grand Duchess

https://londonshellco.com/the-grand-duchess/

 

リトルベニスでできること⑤パドルボート

f:id:tabihey:20190923160632j:plain

散歩をしていると、パドルボートを漕ぐグループを発見!

みんなでなんだか楽しそう!

アクティブに行きたい方はどうぞ!

 

こちらのサイトで予約できるみたいです。

https://www.active360.co.uk/paddleboarding-paddington.htm

 

 

パディントン

パディントンベア探し

さて最後はパディントン駅にて、パディントンベア探し!

f:id:tabihey:20190923160557j:plain

こちらがパディントンベアが拾われた駅

f:id:tabihey:20190923182459j:plain

 

大々的にこんなモニュメントまでありました。

f:id:tabihey:20190923160656j:plain

 

そして左奥のマクドナルドの方に進むと銅像とイスがあります。

f:id:tabihey:20190923160606j:plain
f:id:tabihey:20190923160612j:plain

こんなかわいい椅子ですが普通に使われていて、人が座っていました。

観光客に配慮して一瞬どいてくれましたが荷物はそのままです(笑)

 

駅の上の階に行くとお土産ショップもあります。

f:id:tabihey:20190923183653j:plain

https://goo.gl/maps/qZQ6Mugv8Q5hDyX47

 

まとめ

リトルベニス~パディントンの散策様子をまとめてみました!

なかなか日が限られた日程の旅行では優先順位が低くなりがちな場所ですが、都会ロンドンにもこんな面白い場所があるので、是非お時間が許す方は散策してみてください(^o^)/

 

↓ちなみに私は無料お試しで『パディントン』を見ました( ̄▽ ̄)b

ほっこりする映画です♡イギリス英語の聞き取り練習にもなります。

 

↓パディントン関連でノッティングヒルにある『パディントン2』のロケ地

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Nami’s Travel Photo Book📖海外一人旅さん(@73pey_journey)がシェアした投稿 -