なみへぇ×旅=『たびへぇ』ブログ

元CAで旅行好きな筆者がお届けする旅ブログ

【在住者情報】コロナウイルスによるイギリスの街や大学の状況

\FOLLOW ME!!@73pey_journey

こんにちは

最近世界はコロナウイルスで大混乱

なんだか変な世の中になってしまいましたね~💦

 

私はこうやって旅ブログを書いていますが、きっと予定していた旅行・留学がキャンセルになってしまった方も、もの凄く多いんではないでしょうか。

 

私の母校の大学も春学期出発の留学が中止、去年行ったイギリスボランティアも、今いる人達は早めに帰国、今年渡英予定だった方たちは足止め状態にあるとちらっと伺っています。

 

本当に早く終息してほしいものですね。

 

私は今は日本にいるのですが、私の周りのイギリスに住む方々から日々状況を聞いています。

イタリアやフランスなどを筆頭に外出禁止!と厳しい政策が取られている中、ここ1週間でイギリスの様子もガラッと変わったようです。

今は日本よりも厳しい厳戒態勢が取られています。

 

今回の記事では、今、2020年3月24日時点でのイギリスの様子(主に友人知人たちが住むロンドンとオックスフォード付近の状況)について皆さんとシェアできたらなと思います。

 

 

街の様子

まず、中国でウイルスの感染が広まった頃から、中国人観光客の数は減りました。

普段なら、マスクをする人なんでゼロのイギリスも、ちらほらマスクをするアジア人を見かけるように。

(それでもやっぱりマスクをする文化がないので、変な目で見られると思います)

アジア人というだけで、教養のない人から差別的発言を受けた友人もいました。

 

様子がガラッと変わったのはこの1週間ほど

世界有数の観光地であるロンドンさえも人通りがめっきりなくなり、外出を避け、家で過ごすよう強く言われるようになりました。

家で過ごすためにスーパーでは買いだめが始めり、特に日持ちする日用品(トイレットペーパーやティッシュなど)の在庫切れが目立つように。

スーパーによっては、全然品物がないところもあり、「ここのスーパーはまだいっぱい品物があったよ」という情報がSNS上にあげられるようになりました。

 

↓空っぽのスーパー(22日撮影

f:id:tabihey:20200324200722j:plain

f:id:tabihey:20200324200728j:plain
f:id:tabihey:20200324200732j:plain

 

↓1度に入れる人数が制限されているためスーパーの外には列が

しかもちゃんと前の人との距離を空けている。

f:id:tabihey:20200325213033j:plain

 

21日(土)には全ての飲食店が閉鎖される措置が取られました。(今のところテイクアウトならOK)

もちろん、いつもなら観光客でいっぱいの老舗デパートなんかも当面の間休業。

大手チェーンのアパレルなんかも全店舗休業。

 

さらに、これを書いている今ちょうど、23日夜には、

首相によるテレビ演説で、生活必需品の買い物、1日1回の運動、家族・親戚等の看病、職場でしかできない欠かせない仕事のための通勤以外は全て外出禁止になりました。

必需品以外のものを売るお店も休業するよう言われました。

違反すると警察に罰則されるそう。


最近、首相は毎晩テレビで国民にスピーチをしています。


珍しいことにここ数日、イギリスでは天気が良く、できるだけ外出を控えるよう言われていたのにもかかわらず、週末公園に出かける人も多かったそうで、、笑

そういうことをさせないように厳しくしたみたいですね。

 

でも、去年イギリスで過ごして、外に出たくなるイギリス人の気持ちも物凄くわかります!!

特に冬の間は、もう本当にドーーンと重たい雲がかかり、太陽を浴びれた日には最高!やっほーい!って気持ちいい気分になりましたもん(笑)

冬で外の空気が冷たくとも、晴れてる日にはパブのテラス席でビールを飲むイギリス人のことですからね( ̄▽ ̄)

 

 

こう日本と比べてみると、お店が開いて、人の出入りもある程度ある日本よりも、かなり厳しく制限されていると思いますね。

BBCのニュースもコロナウイルスのことばかりだし、海外の重々しい雰囲気と比べ、なんか日本(私たち)って暢気なのかな~?と思ったりもしますが、

広がりのスピードが遅く、国民が大パニックになっていないのは、今のところ良かったなと思います。

このまま拡大せず終息してもらいたいものです。切実に!

 

 

大学の様子

3学期制が多いイギリスの大学は、9~12月、1~3月、4月~6月と授業があります。

ちょうど2学期の真っ只中でしたが、今学期の授業は全て休講。

その代わりにオンラインでの講義や課題にシフトし、自宅学習が始まりました。

多くの学生は寮から自宅に帰っています。

 

一部の院生は、実験のためなどに大学に訪れる人もいましたが、23日に外出禁止令も出たので、学部棟もクローズかな。

 

 

イギリスで知った「うがい」は意味なし

これは余談になりますが、今まで「手洗い・うがい」と子どものころから、2つセットで教え込まれてきたものが、実際は日本だけだったという衝撃事実をイギリスに行ってから初めて知りました。

 

もちろん手洗いは重要なのは間違いないんですが、うがいは風邪予防にはある程度効くものの、ウイルスには効果がないんだとか。

ウイルスはすぐに喉に付着して吸収されてしまうため、外から帰ってきた時点ではもう手遅れ。四六時中うがいをしていないと意味ないことになります。

代わりに、こまめに水分を取るのが効果的なんだとか。

 

イギリスで「ガラガラ ペッ」なんて人前ですると、「え?今何やった?!水吐き出した?!?」と奇妙な目で見られるので、お気をつけください。

 

自分が常識だと思っていたことって、外に出ると常識じゃないんですね~~

 

 

まとめ

イギリスでは、コロナウイルスの疑いがある症状が現れたら、病院や薬局には出向かず、家に待機してくださいと言われています。

NHS(国民保健サービス)のオンラインサイト(NHS 111 online)に連絡すると、どうすべきか相談に乗ってくれます。

 

状況は刻一刻と変化していっているので、ここに書いた情報もすぐ古いものになってしまうとは思いますが、私が知る範囲でのイギリスの様子をシェアしてみました。

 

「家族・友人がイギリスにいて心配だ」とか「旅行・留学に行く予定だったのに、実際のところどうなの?」と思っていた方、それぞれいろんな状況があると思いますが、少しでも、この記事が役に立てば幸いです。

 

私たちの「心」だけでもウイルスに侵されないよう、頑張りましょう!